2020年09月04日

避難訓練

ヴィラでは毎年2回、避難訓練を行なっています。今回は、夜間想定の避難訓練です。

ヴィラの夜は、グループホームに各1人、小規模宿泊フロアに1人、合計3人のスタッフが常勤しています。万が一の場合に備え、スタッフ3人がどのように動くべきなのかを、火災が起きたことを想定して、訓練を行います。

本来でしたら、消防署職員の方をお呼びし地域の方も交えての避難訓練を行うのですが、コロナ感染症対策の中、スタッフのみで小規模で訓練を、実施しました!(数名のゲストさんが映り込んでますね )
544F901A-B221-4EC5-B1F0-3145CF66657E.jpg


訓練前に密かに『 炎』を見立てた張り紙を貼ります。それを見つけたスタッフは、「火事だー!」と叫ぶ。そして初期消火のために消化器を持って駆けつけます。ほかのフロアのスタッフにも大声で火事とその場所を伝えます。もし人為的に発見出来なかったら、フロアの天井のあちこちに設置されている、煙探知機や熱探知機により警報がなる仕組みです。

196D85AD-E658-4579-A60B-EAE735C047C7.jpg7B240E62-D108-4C38-B233-2EC19E47381C.jpg


人為的な発見が早ければ、廊下に設置されている火災報知機を強く押して、ヴィラ全体と消防署にも伝えます。
61C3DA62-B2D2-4A86-86C3-54449EE7B9F2.jpg

避難場所は、火災場所にもよりますが、外の玄関であったり、二階ベランダであったりします。
消防車が来るまで、いかに早く避難できるかが鍵となりますね!

ただ、皆さんご高齢で歩行の不安定な方ばかりです。避難するのは大変な作業となります。
何より、火事を起こさないように日頃の点検が大切になってきます。

台所や、浴室、機械製品のある周辺の環境を、整え、安全に日々を過ごしていただけるよう、普段から『 火の用心 』を心掛けていきましょう!
posted by ヴィラ愛成 at 14:01| 神奈川 ☁| ヴィラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする